2015年11月6日金曜日

古峯神社の石碑

仕事専科のお取引工房は、会津には、たくさんあります。
会津木綿会津漆器会津本郷焼イゲタ醤油起上り小法師赤べこ、・・・・。
いつも289号線を下がり、下郷から、塔のへつりへ抜ける山道沿いに石塔が、鎮座していました。
よくみると古峯神社と彫り抜いてあります。在の講中・崇拝者の方々が、建立されたものと思います。
会津若松市内につづく大戸地区には、しっかりとした石塔があり、天狗の面が掛けてありました。
天狗は、古峯神社の御祭神の使者といいます。
----------------------------------------------------------------------
古峯神社(ふるみねじんじゃ)は、大芦川の源流に近い渓間、優美を醸す山麓に鎮まる。
御祭神に日本武尊をいただく開運・火防・海上安全・交通安全等の御神徳高い神社です。
日光山開山の祖、勝道上人がここで修行をつまれたことから「日光発祥の地」とも呼ばれております。
御祭神の使者である天狗は崇敬者にふりかかる災厄を除災するという信仰を集めており、講中・崇敬者は遠く全国より日帰り参拝、参籠宿泊参拝の方々で連日社頭は賑わいを見せます。
 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿