2017年8月17日木曜日

お地蔵さん

先日、手仕事専科の工房で、奥三島間方の工房間方の菅家藤一さんを訪ねましたが、その戻りの足で、昭和村を訪ねました。
昭和村は、道の駅のからむし工芸館をいく度かたずねているのですが、冬は、雪が深く、集落を結ぶ細い道路は、雪で行き止まりになります。除雪がされてなく、引き返すこともありました。
昭和村は、からむし(苧麻/ちょま)の里です。
幾重にも折り重なったような山道を1時間ほど走ると昭和村にでました。
途中、冷たい清水が湧きでており、頂上の見晴らしの良い峠をすぎ村落に入るとお地蔵さんが、赤いきれいな前掛けをつけて鎮座していました。
道端には、たくさんの野花が咲いており、長閑な山村の田園風景です。
 「下野・会津・津軽の歴史街道」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■手仕事専科のブログ ■和美との生活・和美空間 ■伝統食品のブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿